孤高のICO

仮想通貨を投機から投資へと変革するブログ 主にICO情報について書いていきます

ICO

COTI (仮想通貨・ICO情報)

投稿日:

今日は最近販売促進を張り切っているCOTIというICOについて調べていこうと思います。

 

DAGベースの決済に特化しているプロジェクトみたいで、競合としてIOTAとの比較も行っていこうと思います。

 

ICO Dropsにも掲載されています。

スポンサーリンク

Whitepaper どのようなプロジェクトなのか

COTI 公式HP

 

・製品技術関連ホワイトペーパー

・ビジネス展開についてのホワイトペーパー

・トークンについてのホワイトペーパー

 

DAGベースの決済システムを提供するプロジェクトです。

 

有名なところでIOTAがあると思うのですが、ほとんど内容が同じように見えます。

 

何が違うのかということを明らかにすれば、COTIのプロジェクトについてわかると思いますので、この二つの違いを比べて見ます。

 

すでにmediumで自ら比較を行っているようですが、なぜかもうアクセスできないようになっています、批判も結構あったみたいですので消したのかもしれません。

 

 

最大の大きな違いとしてはやはり支払いの機能があるのかどうかという点だと思うので、ここを重点的に見ていきたいと思います。

 

COTI…様々な仮想通貨の支払い機能を持っている。

 

IOTA…支払い機能のない仮想通貨。

 

と書いてありますが、まず第一にこの比較が少し納得がいきません。

 

僕はIOTAの信者とかではないのですが、IOTAはまだまだ発展途上のような印象があり、ロードマップは複雑でまだまだ伸びしろがあるプロジェクトのように思います。

 

IOTAのロードマップ 日本語サイト

 

COTIはスケーラビリティの向上も書いてありますが、これもIOTAは伸びしろがあると思っておりますので、結局COTIのほうが有効であるというインセンティブがあるのかというと少し疑問符が残るような気がします。

 

IOTAのTPSについてなのですが、1000TPSと書いてありますがIOTAに1000TPSの制限があるという記述は特になく誇張のように思います。

 

Twitterでも批判するコメントがいくつか見られますが、反証できていないのでそこまで製品上のメリットはないのではないかと私は思っています。

 

ただ実際にCOTIのネットワークは決済のためのアプリケーションやサービスを世界中に広げようとしているのは真実のようです。

 

ウォレットのような役割をするものやデビットカードの役割をするものがあるみたいで、2019 Q2にはウォレットがローンチするとロードマップには書いてあります。

 

しかもそれぞれの国の法律を遵守して展開していくとWPには書いてあります。

 

割と製品に関しては批判的な書き方をしてしまったかもしれませんが、製品サイドよりもこういったサービス面での展開は好感が持てるような気がします。

 

COTIのチーム・アドバイザー・パートナーシップ

チームに関しては非常に多くの人材が集められています。

 

メインチームとして21人

 

アドバイザーとして13人

 

メインチームの主要メンバーがどれもイスラエルです。

 

今気が付きましたが、ユダヤ系の人たちが仕掛けるDAG系の決済システムかもしれませんね。

 

ただ会社はジブラルタルということになってます、ジブラルタル経済の特徴はオンラインギャンブル関連会社のGDPが多くて、金融・銀行関連に力を入れている国になります。

 

続いてパートナーを見ていきましょう。

 

 

TRANSACT EURROPEはTransact Europe Holdingsの子会社で決済、イーコマース関連企業のようです。

 

PROCESSING.COMに関しても同様で世界中に支社があります。

 

 

 

 

 

 

 

Bancorの名前がありますので、上場はここかもしれません。

 

イスラエル系のつながりがやはり強そうな気がします、チームは特別な強さがある思いますね。

 

財政面での健全性・ROI的アプローチ

トークン%:30%

ハードキャップ:$30m

 

全体では100億円くらいのビジネス規模ですが、全体の30%のトークンで30億ほどを調達しようというビジネスのようです。

 

これはあまりよくないですね、リスクは高い気がします。

海外の評価・インフルエンサー

twitter:12429人

telegram:29110人

 

 

非常に人気のように見えますが、結構バウンティ関連に力を入れていて、記事やツイッター、FBなどへの投稿でCOTIがもらえます。

 

また登録するだけで100COTIがもらえるので、この辺を割り引いて考えると、話題としては普通なのかなと思います。

 

今じわじわと広告してきているのでもう少し話題になるかもしれません。

COTIのICO情報

ホワイトリスト等の情報は入っておりませんが、5/21にプレセールを開始するといっております。

 

後9日しかないのに、ホワイトリストなしにどうやってプレセールをするつもりなのでしょうかw

 

続報が出たらまたツイッターで書いていこうと思います。

Miyapeeeeの個人的評価

はじめはIOTAのパクリやんって思ってたのですが、途中から予想以上に決済のサービス面やアプリケーションに力を注いでいることがわかりました。

 

決済インフラはまだまだ未踏で競合も非常に多いのですが、イスラエル系の通貨は非常に人気が根強いので妙に買いたくなります。

 

広告に力を入れておりお金を集めたい気持ちが伝わってきて、規模も100億というのは正直いやな部分もあり複雑ですね。

 

ただROI面でのリスクがやはり気になるので、今のことろは見送りを考えております。

スポンサーリンク

-ICO
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

KEEP (ICO) Keep Network

スポンサーリンク KEEP (ICO) Keep Network KEEP (ICO) について書いていきます。   KEEP公式サイト   日本のICOハンターみたいな人が大体注 …

NuCypher (ICO)

スポンサーリンク NuCypher (ICO) 今日はNuCypherのICOについて書いていこうと思います。   ホームページ:NuCypher   はじめにこれがどのような役割 …

Arweave (仮想通貨・ICO情報)

今日はArweaveというICOが気になるので調べていこうと思います。   ICO Analyticsというところが有望案件として出したTOP5なのですが、このうちSTARKWAREとCER …

Phantasma Protocol (ICO)

スポンサーリンク Phantasma Protocol (ICO) 本日はICO ratingでも割と上位に名前を見かけるPhantasma Protocolについて書いていこうと思います。 &nbs …

Taraxa (仮想通貨・ICO情報)

今日はTaraxaというプロジェクトについて書いていこうと思います。   次の有力プロジェクトとしてあらゆる場所で見かけるのですが、どういうプロジェクトなのかということよりもどう買うのかが非 …

自己紹介


 

 

Twitter:@miyapeeeeico

管理人:Miyapeeee

日本のICO情報はSCAMが非常に多いです。

自分でどのようなプロジェクトなのか調べて、価値のある投資をしていきたいという思いから立ち上げたブログです。

仮想通貨が持つバリューの面に着目し、仮想通貨を投機から投資へと変革することを目標に掲げています。

※記事内容やトップページがお堅い感じなのですが、そんなキャラクターではまったくないので、ツイッターとかでお気軽に話しかけてください。

最新記事