ホーム 優良ICOを見抜くテクニック集 Dumpリスクを回避せよ!...

Dumpリスクを回避せよ!販売経路という要素!

349

今日は優良ICOを探す際に基準としている販売経路について書いていきたいと思います。

 

ICO銘柄を選定する際のクリティカルな内容になっているので、中・上級者は必ず見ている部分だと思います。

 

販売経路を中心に絞った内容でシンジケートってぶっちゃけ何してんの?とか、ベンチャーキャピタルエアドロって実際どうなの?という話もしていきます。

 

ただ販売経路に絞った内容なので、実際はもっと全体的に最終決断は下します。

 

概要

まず自分が買ったICO案件のDumpは絶対に回避したいですよね?

 

それを回避するための土台となるトークン保持者は誰だと思いますか?

 

簡単にいうとガチホしてくれる人間です。

 

それは「ベンチャーキャピタル」の人たちシードインベスターと呼ばれる人たちですね。

 

では逆に一番手放す人間、簡単にトークンを売ってしまう人は誰でしょう?

 

「一般投資家」特にエアドロ勢は簡単にリリースします。

 

簡単な図で表すとこんな感じになります。

 

ホールド力↑
ベンチャーキャピタル
一般投資家
エアドロ勢

 

要するにDumpしにくいプロジェクトというのは一般投資家とエアドロの枠が狭くて、ベンチャーキャピタルの保有率が高いものがベストということになります。

 

一般投資家を細分化

一般投資家もクラウドセール以外にも様々な方法でトークンを手に入れることができます。

 

今日はその販売経路によって一般投資家を細分化したいと思います。

 

一般投資家の種類
プライベート・プレセール枠をゲットできた人
シンジケートから購入
公開セール
エアドロ勢
代理店から購入

 

この中で比較的Dumpリスクが低い勢力は、まだ枠が限られているぶんプライベート・プレセール枠をゲットできた人公開セールです。

 

最もDumpリスクが高いのがエアドロップです。

 

しかしこれは基本的には程度の問題でそれぞれのプロジェクトに合わせて柔軟に考え方は変えなくてはいけません。

 

要するに、えっ!こんなにエアドロしてヤバいだろ?とか、滅茶苦茶シンジケートで売られてるやんwとかそういう話になります。

 

漠然としてわかりにくいと思いますので、具体例を出していきましょう。

 

ICO poolsで分析

私がよく見るプール一覧のICO pools(外部リンク)です。

 

あと最近日本人の間ではやっているLink Block(外部リンク)もよく見ます。

 

 

基本的に程度の問題ですので100ETH~200ETHくらいの横流しは問題ないです。

 

しかしCrypto Arnie(https://t.me/CryptoArniePublic)などの大手で1000ETHとか売られてると、一般投資家に売られ過ぎていると察知してDumpリスクが高いという感じでイメージしていきます。

 

ICOプレイヤーは周りのうわさやプールの様子は適宜チェックしておいたほうがいいと思います。

 

あともう一点なのですがプールの人たちはアロケーション持っているわけではなくて、勝手に予約受付している感じなので、お金集めても返金というのはしょっちゅうあります。

 

適宜プールの様子を見ているとあっこれはプール案件だなとか、レアな案件だなとかいうのが割とわかってくると思います。

 

応用編

最近私のブログでMultiVAC(記事ページ)を取り上げたのはご存知の方もおられると思います。

 

この案件Balina砲も炸裂してテレグラム20,000人を超えているのですが、シードインベスターが少なすぎると私のブログで書いています。

 

そしてひょっとしたらシンジケートで売られ過ぎる案件になったら要注意と書いておいたのですが、今日CryptoArnieで早くも200ETH Allocationされていましたw

 

 

まだ現状ガンガン売られている感じではないのですが、これから先プール案件につながる可能性があるプロジェクトじゃないかなと危惧しています。

 

まだプール案件と決まったわけではないので、経過観察です。

 

しかし最初に言った、ベンチャーキャピタル<一般投資家の形になるかもしれないと個人的には思っています。

 

まとめ

販路による分析ができるようになるとMultiVACなど新しく出てきたプロジェクトのインベスター情報から今後のセールスマーケティングまでだんだん見えるようになってきます。

 

他にも最近の人気案件だとOrigoがエアドロップしすぎだな…、トークンメトリクスはしっかり確認しないといけないなとか。

 

いくらでも応用は効きます。

 

今日の販売経路の観点から言って今一番上等なプロジェクトはAergo(記事ページ)、次点でBlockcloud(記事ページ)だと思います。

 

ただシンジケートはゲームをより複雑化させているので結構邪魔な存在なんですよねw

 

今日はこの辺でお開きにしたいと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here