ホーム ICO分析 AIRBLOC Proto...

AIRBLOC Protocol (仮想通貨・ICO review)

377

こんばんは!今日はAIRBLOCという韓国プロジェクトについて書いていこうと思います。

 

最近Newプロジェクト(以下PJ)として挙がった広告系のICOです。

 

非常に募集金額が少なくて、ROIが優秀なので買いたい人も出てきそうなPJです。

プロジェクト概要

AIRBLOC 公式HP

 

AIRBLOC Whitepaper

 

AIRBLOC Whitepaper 和訳 Executive Summaryのみ

 

AIRBLOCはアプリケーション、データー消費者、およびユーザー間の個人データの橋渡しをするプロジェクトです。

 

そして収集した個人データを主に広告のターゲティング等に使用するために売買するプラットフォームを提供しております

 

非常に簡単な例を挙げさせていただきますと、Google Adsenseのデータ収集をAIRBLOCが代わりに行うというイメージでよろしいかと思います。

 

しかしAIRBLOCは現在の中央集権的な広告の収集方法では私たちユーザーにあまり個人データを提供するインセンティブがないので、その部分の改善を行っております。

 

具体的な言い方をすると個人情報の売買ができます、どのような個人情報を売るかは個人で選択できるようになっているようです。

 

その情報を提供することにより個人に適宜報酬がもらえるという仕組みになっているようです。

 

この集めた個人情報で個人は自分が求めている広告が表示されるようになり、また広告主は提供したい収益性の高いマーケティングが可能になるという考え方になります。

 

各ステークスホルダーのインセンティブは表にまとめてあるので見てください。

 

 

マーケットと競合

僕のよく見るYouTuberがあまり競合のいない分野のような言い方をしていましたが、調査していくうちに意外といることがわかりました。

 

Commerce & Advertising ICOあたりで検索すると非常に多くの広告系ICOが出てきます。

 

しかし聞いたことがないようなものばかりですw

 

参入する敷居が低い分野のような気はしますが、広告市場がブロックチェーンを積極的に必要としているかは疑問が付きますね。

 

既存競合としてGoogleなどの広告が非常に強いので、ここに対抗していくには相当難しい市場といえるのではないでしょうか。

 

ロードマップ

MVPが2018/6のクラウドセール直後くらいに発表されるようです。

 

2019 Q1 testnet

 

2019 Q2 FULL Release

 

特に競合と競り合わなくてはいけないような分野でもないので、そこまで悪い進捗ではないように思います。

宣伝・広告

Twitter 383人

テレグラム 14134人 (2018/06/03)

 

この手のプロジェクトにしては結構人数が集まっている気がします。

 

公式発表でセカンドプレセールで14倍以上の募集が来ているらしいので、ICOの規模をHYPEという比率でみるとかなりのHYPEがあるのではないかと思います。

 

Top7 ICOではこのような感じの評価です。

 

やはり製品としての面白味に欠けるので、良いレーティングはつきにくいのかなという気がします。

財務・ROI・ボーナス関連

 

トークン%:55.4%

ハードキャップ:$12.5ML

プライベートボーナス:30-45% ロックアップ期間:3か月

プレセール:15% ロックアップなし

 

売れ残ったトークンのバーンは行わずにエコシステムの報酬としてプールされる。

 

プレセールの売れ行きが公式情報では非常に良いみたいですので、おそらくICOも悪くないのではないかなと思います。

 

上場直後にダンプする要因はそこまでないのではないかなと思います。

 

チーム・アドバイザー・パートナーシップ

まず親会社としてab180(Airbridge)という会社があります。

 

この会社の業務内容としてはEbay Korea、GS Shop、Woowa Brotherという会社にサービスを提供するデジタル広告のトップ企業とHPには書いてあります。

 

真実かどうか確かめたいと思います。 ab180 Linkedin

 

GS shop(上場会社)にサービス提供しているのは真実のようで、韓国では結構まともそうなショッピングサイトのようです、楽天みたいなものでしょうか。

 

OmiseGOなどのように既存の企業と提携してブロックチェーンを導入していけるPJは割とリスクは低いような気がします。

 

メインチームはそのAirbridegeという会社のCEOが兼任するような形でAIRBLOCのCEOをやっているようで、ほかのメンバーも顔ぶれは同じようです。

 

メインチームはブロックチェーンの経験はあまりないような気がしますが、韓国語で表記されているので経歴がわかりませんw

 

ただブロックチェーンエンジニアはいてチーム構成的には○という判断をしました。

 

アドバイザー

韓国ETHと呼ばれているICONのファウンダー兼CEOがアドバイザーを行っております。

 

インベストメントパートナーとしてもICONが名を連ねているので、相当気合が張っている韓国PJといえるでしょう。

 

信頼度は非常に高いと思います。

 

インベスター、昨日付でSIGNUMがインベスターに入りました。

 

ICO情報

プレレールを2回やってどちらもSold out。

 

ラウンド1 くじ引き 1500ETH 1500ウォレット

 

ラウンド2 先着順 3500ETH

 

ホワイトリスト&KYCオープン中…リンクはこちら

 

Miyapeeeeの個人的見解

総合評価

短期:31.5/40  Very High

長期:27/40 High

 

昨日だったか忘れましたがこのような発表がありました。

パブリックセールの枠が11,700ETHから5,000ETHにまで減らされました。

 

ストラテジックインベスターに枠を取られたみたいです。

 

でっそのインベスターっていうのが、SIGNUMなど。 https://medium.com/airbloc

 

Airblocのブログで昨日発表されました。

 

 

この大幅な減少はデマンドを呼ぶと思われます、プレセール組大勝利の予感w

 

プレセールはノーロックアップです、ただプレセールも競争率14倍。

 

ICONがアドバイザーでもともと強い案件だったのですが、ここにきてかなりストロングになった印象があります。

 

短期的な上昇は多分間違いないような気がしますが、長期ともなると同国のCarryなどの有力案件もありますのでよくわかりませんね。

 

イナゴするには最適な気がしますね。

 

短期案件としてはVery highを与えたいと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here