ホーム ICO分析 Ankr (仮想通貨・IC...

Ankr (仮想通貨・ICO情報)

709

今日はICO現状HYPEがNo.1ではないかと思われるAnkrについてリライトしていきたいと思います。

 

Dropsにはクラウドコンピューティングという風にジャンル分けされているのですが、クラウドコンピューティングという風に区分けしてしまうと内容がかなり多岐にわたってしまうと思いますので、もう少し簡単でわかりやすく内容をとらえていきたいと思います。

Miyapeeeeの個人的見解

総合評価:Midium

 

プロダクト C+…内容は個人的にはブロックチェーン×既存企業のインフラだと思ってます。非常に魅力的ですが、あまり優良な噂を聞かないので割り引いて考えました。

 

マーケット B…今後必要となるプロジェクトのような気がします。リアルとプロックチェーンをつなぐデータフィードシステムなどは既存ではあまり知りません。

 

ロードマップ F…ひどいロードマップですね。SCAMのほうがまだましなロードマップを書きます。今後の予定が一切わかりません。

 

HYPE A…オールスターハイプです。エクセレント。

 

ROI E…アンロック情報が完全にダンプアラートです。ROIの面では希望があると思います。

 

チーム C+…インベスターの強さで引きあげた感じです。メインチームはそこまでいいとは思っていません。

 

メモ

周りの評価が極端にいいので結局引き上げられた形になりました。

 

個人的にはあまり内容がともっていないプロジェクトと思っています。

 

アンロックでのフリップも期待できないので、パスします。

【最新の評価はスプレッドシート】

 

どのようなプロジェクトなのか?

公式HP

 

ホワイトペーパーはホームページ参照

 

公式HP 和訳

 

Distributed Cloud Computing on Trusted Hardware. Ankr provides a computation-resource-efficient blockchain and an integrated data feed system leveraging both cryptographic primitives and trusted hardware.

 

翻訳すると

「信頼できるハードウェアでクラウドコンピューティングに貢献する。Ankrは、暗号化の基本原理と信頼できるハードウェアの両方を活用した計算資源効率の良いブロックチェーンと統合データフィードシステムを提供します。」

 

データフィードシステムとは

はい、全然わかりませんね

 

わかりにくいのでテレグラムで責任者が言っていた言葉から抜粋してこのプロジェクト(以下PJ)について書いていきたいと思います。

 

Ankr Network proposes a novel blockchain solution that addresses the current barrier to mass business adoption.

 

Ankr Networkは現在の巨大ビジネスへの障壁に対応する新しいブロックチェーンソリューションを提案しています。

 

この後Ankrが実装する3つの武器の説明があります。(後述します)

 

With this piece of technology, Ankr is able to bridge the gap between the real world and the blockchain. The Ankr’s permissionless blockchain framework can support an ecosystem of decentralized autonomous applications. We envision that these applications include global P2P payment system, personal credit system, and most importantly, tokenization of real-world assets that were once illiquid (sublease rental contract, real estate ownership, art piece, wine, etc.).

 

これらの技術により、Ankrは現実世界とブロックチェーンとのギャップの橋渡しをすることができます。

 

AnkrのブロックチェーンフレームワークはdAppsのエコシステムをサポートできます。

 

これらのアプリはグローバルP2P決済システム、個人向け与信、非流動的な現実資産のトークン化が可能になります。

 

まだPJのステージが初期の段階でイメージがつかみににくいですが僕の想像としては下記のような図を想像しました。

 

要するに、現実世界で使用しているデータをブロックチェーンで活用しやすいものに変換(データフィード)して、dAppsで使えるものに変えてしまおうというようなプロジェクトのイメージでよいのかなという風に思います。

 

ここでAnkrで実装する武器を3つ紹介します。

 

ポイントProof of Useful Work(PoUW)…BTCのようなハッシュで電力や計算力を無駄にする代わりに、これらの資源を企業や消費者が提供する有用な作業に使用する。

 

 

②Plasma Sidechain…メインチェーンにばかり負荷をかけないで個々のサイドチェーン上で個々のアプリのスマートコントラクトをサポート

 

 

Native Oracle Service…データフィード提供係、現実世界のビジネスを簡単にブロックチェーン上に採用できる

 

なんとなくイメージはつかめたかなと思います。

 

次にマーケットと競合を見ていきたいと思います。

マーケットと競合

どのようなユーザーをターゲットにしているのかわかりませんが、どちらかというと企業向けのPJのような気がしますね。

 

イメージとしてはUnibrightOneledgerが既存企業向けにブロックチェーン導入サポートする競合他社かなと思いました。

 

しかしテレグラムなどを見ていると取り上げられている競合他社はGolemHypernetなどの並列コンピューティングのプロジェクトを比較対象に取り上げています。

 

個人的にはこのプロジェクトはどちらかというとブロックチェーン×現実世界とのインフラというイメージがあります。

 

魅力的なマーケットだと思っています。

 

ロードマップ

MVPに関してはもうすぐ見せるよとって言いますがまだ未発表です。

 

ちなみに海外の信頼がおける人(コインクランチのめちゃICO詳しい人)のうわさでしかないのですが開発進行に疑問符が付くプロジェクトらしくて、シリコンバレーでは誰もAnkrには期待していないと断言していました💦

 

ロードマップといいこの噂といい、どちらかというと人気先行型なのかなと思ってしまいます。

 

宣伝・広告

テレグラム:6332人 5/26→44224人 7/16

Twitter:991人(先日立ち上げたばかり)

HYPEは強烈ですね。

 

これちなみにバウンティプログラム一切なしです。

 

最上級という評価をしておきます。

財務・ROI・ボーナス関連

 

Hardcap 30,000ETH $16M

 

トークン%:30%

トークンメトリクス

 

種別 価格 ロックアップなし 価格 ロックアップ6ヶ月
Pre1 0.5BL 5% $0.0044 $0.0033
Pre2 2.5BL 25% $0.0055 $0.0044
Crowdsale 0.5BL 5% $0.0066

 

この中のプレセール軍団の60%はロックアップなしを選んでいるらしいです。

 

全体の5%のクラウドトークンを開放するのに対して、全体の18%に当たるプレセール組のトークンが解放されるというのは流石にヤバい。

 

流石にトークンアンロックへのケアができてなさすぎますね。

 

極めて悪いトークンメトリクスだと思います。

 

ただHCは低いのでROIの面では有効ですが、ICOで入るのは流石に気が引けます。

チーム・アドバイザー・パートナーシップ

Chandler Song…カリフォルニア・バークレー。 CitySpade Inc CTO(アパート関連のサービス) アマゾンインターンシップ。

 

Stanley Wu…カリフォルニア・バークレー。 アマゾンのエンジニア&技術リーダー 勤務歴10年。

 

Ryan Fang…カリフォルニア、バークレー。 金融関係がメインのようです。 大きなPJにかかわった経験はないみたいです。

 

ファウンダーは結構若いチーム構成、ブロックチェーンエンジニア、サイエンティストも充実していてまずまずGood。

 

アドバイザー

Qhristel Quekがマーティングアドバイザーしているみたいです、ZilliqaとSwitcheoのアドバイザーをやった経験があります。

 

他は特に仮想通貨関係者はいないみたいです。

パートナー

インベスター

以前のよくわからないパートナーは今のホームページからは消えています💦

 

インベスターとしては優良どころをずらりと抑えてきた感じがしますね。

 

ただそこまで絶賛するほどメインチームが技術力にたけているのかというと疑問が残ります。

 

ICO情報

後はクライドセールを残すのみですね。

 

7月末から8月にクラウドセールが予定されています。

 

最新情報はICO予定表Twitterで行っております。

2 コメント

  1. いつも貴重な情報をありがとうございます。参考にさせて戴いております。
    最後のアドバイザーのお姉さんですが、どっかで見た顔だと思ったらWorld Wi-FiのICOのトップページに居た方です。
    実力の有無は不明ですが、一応、ブロックチェーン関連の人なのかな。
    まだアドバイザーとして在籍もされているようです。

    • あーそういえばそうですね!!日本では不必要なくらい広告出てますよねw World Wi-Fi
      めっちゃどこかで見た顔だと思ってました。
      マーケティングにちゃんとブロックチェーン関連入れているのは十分プラス要素だと思いますね!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here