ホーム ICO分析 Avalanch (仮想通...

Avalanch (仮想通貨・ICO review)

280

こんにちは! みやぴーです!

 

今日は新しいコンセンサスアルゴリズム、Avalanchについて書いていこうと思います。

 

今非常に話題のPerlinのコンセンサスアルゴリズムになっています。

 

内容が難しいので興味がある方は要DYOR👀 あと世界初レビューだと思うので、色々大目に見てくださいw

Miyapeeeeの個人的見解

総合評価:No rated

 

プロダクト B+…ただのハイスループット系ではなく分散化を全面に押し出しているのが紋切り型ではなくとてもいいと思う。そして内容がシンプルでわかりやすい。あとはもっとコードとかに詳しい人の評価を待つのみ。

 

マーケット B+…競合が多い分野なのですがすみ分けができている気がします。とても分散化システムへの配慮が行き届いていると思います。

 

ロードマップ…未発表

 

HYPE…現状テレグラムのみでほとんどプロモーションも行っていないので普通という評価です。

 

ROI…未発表

 

チーム…未発表 Emin Gun Sirerがチームを率いています。

【最新の評価はスプレッドシート】

どのようなプロジェクトなのか

公式HP (現在なし) ホワイトペーパー

 

テレグラム (現在メインのコンテンツとしてはこちら)

 

インタビュー記事和訳 元記事(ETHNews)

 

現在テレグラムしかコンテンツが開設していない状態なので、チームの主役であるMr Sirerへの取材記事とテレグラム、彼のYoutubeでの講演をもとに記事を作成しています。

 

まず具体的なシステムとしてはランダムにネットワークを繰り返しサンプリングし同じ結果に向けて正しいノードを操縦することによって作動すると書かれています。

 

どういう意味なのか分かりにくいと思いますので、従来のコンセンサスアルゴリズムAvalanchとの具体的な違いをまとめていきたいと思います。

 

今までのコンセンサスアルゴリズム
  ビットコイン コンセンサスアルゴリズム(PoW)   合意のメカニズムはマイナーによるCPUの計算量に基づいて行われる。

【マイナーによるマイニングの写真】

要するにいっぱい計算したやつが報酬をもらえて、ブロックチェーンの主導権を握るというシステム。

PoW問題点

・とにかく遅い(合意形成に60分かかる)

・めっちゃCPUを使うのでエネルギーが無駄

 

EOS コンセンサスアルゴリズム (Delegated Proof of Stake=DPoS)

 

ネットワーク参加者の投票によってブロック生成者を選び、選ばれた人のみがブロックを生成していくというメカニズム。

 

投票→ブロック生成となるのでPoWの遅さを改善することにつながりました。

 

DPoS問題点

・ネットワーク参加者が少ない。21人のブロックプロデューサーしかいない。分散化しているといえるのかという問題。

・めっちゃCPUを使うのでエネルギーが無駄(この問題は依然として解決されていません)  

 

それでは新しいコンセンサスメカニズムAvalanchの場合どのようになっているのでしょうか?

 

Avalanch

ゴシッププロトコルというランダムにネットワーク参加者と通信し、互いが持つ情報を比較して、新しい情報を伝える処理を繰り返す分散システムに着想を得たようです。

 

Avalanchのネットワークにおいては参加者がランダムにコンセンサスアルゴリズムの承認者に選ばれ、それがどんどん下の図のように拡大していき【赤グループ】×【青グループ】での承認対決になります。

 

最終的に51%以上の承認を得た結果が単一の結果として選び出されるというシステムになります。

 

このプロトコルはSnowflake【雪の結晶】、Snowball【雪玉】、Avalanche【雪崩】と呼ばれており、どんどんネットワークの承認者が増えていく様子から比喩されているのではないかなと思います。

 

 

Avalanchの良い点

・承認者が1万人以上いるので分散化されている

 

・合意形成までの時間が短時間(~2sec)

 

 

また現在存在するPoW や PoSの上のレイヤーすることができるみたいで、Ava-BTC、Ava-ETH、Ava-Zcashそして本来のトークンという風なことも可能だと書かれています。

 

それでは次にマーケットについて書いていこうと思います。

マーケットと競合

ブロックチェーンそのものなのでマーケットとしては非常に競合も多い分野です。

 

ハイスループット系通貨は以前から何度も比較していますが30以上のチェーンが存在するといわれています。

 

しかし個人的意見なのですが、スピードを追い求める何万TPSとかいう煽り文句のようなプロジェクトではなく、かなり分散化への配慮も見られてかなり好感度がいいです。

 

ロードマップ

未発表

 

宣伝・広告

Twitter:なし

テレグラム:11292人  (https://t.me/avalanchecoin)

 

現状普通のHypeだと思います。

財務・ROI・ボーナス関連

未発表

 

チーム・アドバイザー・パートナーシップ

Emin Gun Sirer(https://twitter.com/el33th4xor)がチームを率いています。

 

言わずもがなというレベルのブロックチェーンサイエンティストです。

 

チームロケットという記述がみられるのですが、いまいちこのチームロケットについてはよくわかりません。

 

そもそもテレグラムしかないのであまり情報を仕入れることができないのが現状です。

ICO情報

なんかテレグラムでちょくちょくICOについて記述がみられるのですが、いまいち情報が一定しておりません。

 

ただこのMr Sirerは結構クラウドセールに積極的なイメージがあります、みんなにコインを使ってほしいというような話をしているのを見た気がします。

 

最新情報はICO予定表Twitterで行っております。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here