ホーム ICO分析 EMX (EverMark...

EMX (EverMarkets) (仮想通貨・ICO review)

93

今日は非常に興味深い取引所のICOがQ3 2018にあると聞きましたので、調査していきたいと思います。

 

僕は取引所トークン系について暗いのですが、EverMarketsって有名なのでしょうか?

 

内容がどこも試みたことがないような取引所なのでぜひ投資したいと思いました、調査していきたいと思います。

プロジェクト概要

公式HP

 

ホワイトペーパー 原文

 

内容としては仮想通貨を証拠金としてデリバティブを取引できる分散型取引所です。

 

現状のデリバティブ取引ができる取引所の問題点として何点か挙げられています。

 

①アクセスするのが困難で価格が高い (CMEなどの寡占状態)

 

②取引コストが高い (CMEは純利益率を43%もたたき出しています)

 

③構造的な問題 (物理的に近いほうがマッチングが優位)

 

他にもいくつか問題点として挙げられています。

 

これらの問題をEMXトークンを使用したエコシステムによって解決します。

 

現在のDEX取引所を見ていただいたらわかるように、このEMXというEverMarkets発行のトークンを使用すれば、トランザクションはわずか数秒でクリアでき取引所にアクセスすることができます。

 

またすべての市場参加者に公平になるようなシステムとして“periodic call auction”というシステムが起用されています。

 

このシステムについてはホワイトペーパーの17ページに書いてあるのですが、内容が多くなってしまいますので割愛させていただきます。

 

要するに地理的・時間的に優位な環境のトレードの機会をなるだけ減らすことによって、逆に流動性を上げるというようなことが書かれています。(実際に可能なのかはわかりませんが…)

 

トークンエコノミーとしてはトレードにEMXが必要です、ほかのUSDなどではダメです。

 

またデリバティブ市場ですので取引の手数料のみでなく貸出に対して利子も受け取ることができ、レンディングが可能となっています。

 

マーケットと競合

既存のCMEなどのデリバティブ取引所が一番の競合相手だと思います。

 

僕は先物取引をするためにCMEの口座を持っているのですが、はっきり言って滅茶苦茶作るのが面倒です。

 

いくつもの記入書類、提出書類があります、そしてそれが終われば入金・出金処理で、これもとにかく面倒です。

 

トレードするまでに時間も費用も非常にかかります。

 

これらの手順がIDEXのようにスムーズで簡単にデリバティブ市場にアクセスできればこんなに素晴らしいことはないと思います。

 

それくらい海外のデリバティブ口座を作るのは面倒ですw

 

ちゃんとした流動性・信用性のある環境を提供できればおのずと需要は広がるのではないかなと思います。

ロードマップ

2018 Q3 トークンセール、ベータ版

2018 Q4 プラットフォームローンチ

 

MVPなどは作成していないみたいですが、フレームワークデザインはしているみたいです。

https://medium.com/evermarkets/designing-the-emx-user-experience-968d3f3bd0b2

 

結構見た目は良さそうなインターフェースに見えますね。

 

Goodだと思います。

宣伝・広告

Twitter:1700人

テレグラム:6908人

 

レーティングサイトには載っていません。

 

海外で取引所トークンのことが話題に上がってきたことを見たことがないですw

 

日本独自の文化みたいですね。

 

HYPEがあるのかわからないですが、テレグラムの人数を見る限りまだ日時も決まっていない状態で7000人はGoodだと思います。

 

速報!ウォールストリートのコンペティションで優勝したらしいです。

 

相手も8人いてそれなりのテレグラムの人数だったのでそれなりの規模の大会なのかなと思いました。詳細不明。

財務・ROI・ボーナス関連

トークン%:25%

ハードキャップ:?

 

今テレグラムでトークンメトリックスに関しては聞きました。

 

これ私ですw

 

ハードキャップ次第というところですかね、Liquidity Provisonsについても詳細を聞きたいですね。

 

カンパニー側とセール側が半々くらいなのでロックアップ等についても聞きたいですね。

 

チーム・アドバイザー・パートナーシップ

CEO JIM…Cityグループ Graham(ポートフォリオマネージャー)

 

COO JERALD…CME

 

ERIC…マイクロソフト、アマゾン (エンジニア)

 

EVAV…アマゾン イントゥイット(ソフトウェアエンジニア)

 

ブロックチェーンの経験値は皆無に近いようです。

 

大手のデリバティブ取引所や銀行のポートフォリオを担当していた人がメインチームのようです。

 

アドバイザー

アドバイザーにhashedのCEOがいます、おそらく出資もしているのではないでしょうか。

 

韓国の有力VCです、彼がいなかったら見向きもしてないプロジェクトだったかもしれませんw

 

パートナーインベスター等の発表はなし。

 

アドバイザーにhashedがいますので総じてGood評価かなと思います。

 

ICO情報

夏ごろを予定しているみたいですが未公開です。

 

早く情報を仕入れたい人はメーリス推奨です。

 

最新情報はICO予定表Twitterで行っております。

 

Miyapeeeeの個人的見解

総合評価 Norated

 

後はトークンメトリックス次第というところでしょうか。

 

日本のトレーダーさんが結構いろいろな草取引所トークンを掘り起こしているみたいですね。

 

僕もちょっとこういう変わった取引所トークンは買ってみたいですね、レンディングをしたことがないのでしてみたいという興味もあります。

 

ただ先ほども言ったように海外勢は全然取引所トークンに興味がないみたいで、ほとんど話に出てこないのでHYPEは全然わかりません。

 

誰が買ってるんだろうw

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here