ホーム 小ネタ集 FANTOM日本禁止から見...

FANTOM日本禁止から見る現在のICO事情

176

FANTOM日本禁止令がでましたね。

 

実は今日ASOBICOINのASOBIMO株式会社のマーケティングディレクターの方とお話をしており、現状の日本人ICO規制についてお話をいろいろと聞きました。

 

ご存じだとは思いますが金融庁は日本人の海外ICO及び海外取引所の利用を完全に禁止しているみたいです。

 

すべての海外ICO及び取引所に対して日本人の参加を規制しろとに発布しているらしいです。

 

ただこれには大きな欠陥がありまして、守らなくても何の罰則もないということです。

 

海外だから、罰則をつけること自体無理ですよね?

 

この結果どのような現象が生まれるかというと…

 

一部の良い業者…金融庁からの打診を守って日本へのICOを行わない

 

悪い業者…はなから規制を守るつもりがない

 

HitBTCだけはこの言いつけを守って日本人の取引停止を公表していたので、実は優良業者だったのかもしれません。

 

言いつけ守るくらいなら、おどれらが売ってる糞コインをなんとかせえと言いたいところですがw

 

まあ結果としてICO全体としてみると悪い業者を掴む確率が上がり、いい業者を掴む確率が下がるという結果になります。

 

金融庁の現在の政策は的を得ていないものであると断言します。

 

金融庁が悪者のように聞こえますが、話を聞いているとICOを規制してほしいというユーザー側の意向が多いみたいですね。

 

おそらく日本の代理店が販売しているような原価の何倍もするようなジャンク商品(WithCoin、スピンドルなど)を購入して被害にあわれた方がそういう気持ちになっているのだと思います。

 

ちなみにここからも営業が来ましたw ちゃんと俺のブログ読んでないだろw

 

もっと海外の優良案件やブロックチェーンがいいものだということをお伝えしたくて僕はこのブログをやっているのですが、ICOへの逆風はまだまだ続きそうですね。

2 コメント

  1. miyapeeee さま
    こんばんは。
    近畿も梅雨入りしました。
    金融庁!梅雨並みに鬱陶しいです。
    国会のグダグダ見せられていたら、こんな組織にICOの善悪を判断できるのか⁉︎って感じです。
    たしかに詐欺まがいのICO(リスクもあるので失敗したら全て詐欺扱いは違うと思いますが)もあって被害に遭われてる方も多いと思います。ただ、ICOを全面禁止しても別の儲け話で被害に遭うだけと思ったりもします。
    以前誰かのブログで見ましたが、包丁で刺殺事件があったら包丁の製造を全面禁止にするのか!ってことに通じてるかと。
    国も全面禁止ではなく、ICOの真贋を見極めるスキルを磨く努力も必要で安易に飛びつかない、身の丈にあった支出に止めるなどの啓蒙活動が先ではないでしょうか。そのうち株式投資も禁止とか言いかねませんね(笑)
    miyapeeee様の啓蒙活動よろしくお願い申し上げます。

    • ありがとうございます。このようなメールを頂けるのが励みになります(^^♪
      まあ仕方ないですね。ICOは上場した瞬間に価値が0になるのが90%とか言われているリスクがある投資なのは間違いないので、僕個人的には株式投資でいいんじゃないという気はしますw
      ただブロックチェーンが好きなのでしばらく続けていこうかなと思っております。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here