ホーム ICO分析 ICO最前線 Chroma...

ICO最前線 Chromaway最新情報

162

ここ24時間でシンジケートラインのアロケーションの確保や、私の友人のいくつかのベンチャーキャピタルの情報を聞いてきたのでまとめます。

 

HP見てもGithub、ホワイトペーパー、テレグラムも何もないのですが、ここがICOの戦場の最前線なので書いておこうと思います。

 

製品とかの基本情報は以前記事(こちらの記事)に書きましたので参考にしてください。

 

とにかく僕も整理しながらバーッて箇条書きにしていくので、乱文はご勘弁をw

 

あーあと僕はアロケーション取りに行くのかまだ決めてません、話してる最中です。

 

ロードマップ

テストネット 2018年9月 予定

MVPリリース 2018年10月 予定

メインネット 2019年Q1 予定

 

Chromawayのチーム自体はPostshain(SQLDB、分散元帳)という製品を開発済み→インド・スウェーデン政府が採用

 

製品開発は順調に進んでいるみたいです。

 

トークン情報

ChromaWay Reserve 40%
Airdrop 30%(クラウドかエアドロかあやふや、かつ配分もあやふや)
Investor Presale 15%
Team (including advisors) 10%
Market Making Contract 3%
Core Node Compensation 2%

 

トークン記号:CHR

クラウドセール予定価格:0.1$(やるのか不明)

ハードキャップ:ML15$

トークン%:不明

 

シンジケートのベース価格

価格:0.091$+Fee(CryptoArnie)

ETHペグ価格:287$(今から48時間、他の有力シンジケートも価格を決め出しています)

ロックアップ:ローンチ後40%はノーロックアップ、あとは1/6ずつ毎月配布? まだSAFT切ってないみたいです。

 

VCラウンド:配分不明ですが、35%ディスカウントは廃止して、30%~20%でSAFTを出しているといわれています。

0.07$~0.08$

 

インフルエンサー

Ian groupが投資しています。Bennがコミッション。

 

ただ実際に自身の身腹は切っていないのではないかと言われています。

 

HYPEがとてつもなく高いですが、インフルエンサーよりのHYPEかもしれません。

 

HYPEの質に関する記事はこちらを参考にしてください。

【悪い噂・真実ではないとの指摘も多い】

イアングループが2.5MLのアロケーションを受け取り、グループで0.085$~0.090$で転売した。

 

今わかっているのはこれだけになります。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here