ホーム ICO分析 ioeX (仮想通貨・IC...

ioeX (仮想通貨・ICO review)

455

※ソフトバンクがインベスターと書いてあるのですが、ソフトバンクはソフトバンクでも別のソフトバンクでした、訂正させていただきますm(__)m

 

中国のプロジェクトだと思っていたのですが、ローンチが台湾でチームも台湾ですね。

 

台湾プロジェクトってほかになんかあるんですかね? 全然知らないです。

 

ちょっとググってみたら民間銀行でブロックチェーン決済しシステムを導入などのニュースがありますね。

 

中国・韓国に続いて台湾もかという感じですね、見てきましょう。

プロジェクト概要

公式HP

 

ioeXとは ブログ日本語訳

 

内容としてはブロックチェーン技術とIoT(Internet of Things)の統合を目指したプロジェクトになります。

 

既存のデータ通信のエコシステムに対してioeXの「分散型P2Pネッワーク」を実装していくことにより、2020年には年間で126億ドルの削減が可能であると語っています。

トークンエコノミーとしてはioeXにはブロックチェーンテクノロジーを搭載しており、デバイス間のリレーやストレージへの報酬に対して”ioeX coin”が支払われるようです。

 

気になることとしては一昨日くらいにIoTのセキュリティインフラ事業としてBeyoudを取り上げましたが、結構IoTのスケーラビリティに対して言及されていていました。

 

このプロジェクトにおいてはProof-of-Workのアルゴリズムを採用していると書いてありますが、PoWは遅いのでより汎用性のあるプロジェクトにするために工夫が必要なのではないかなと思いました。

 

HP上で世界初を書いてあるのですが「よく見るプロジェクトだな…」とYoutuberにツッコまれていました。

 

僕もそう思いますので、IoT×ブロックチェーンの競合について書いていきたいと思います。

マーケットと競合

IoT関連はこのあたりが競合ですね。

 

IOTAは内容はほぼ完全にかぶっている気がしますね、ただIOTAってほかのホワイトペーパー(たしかAlgorandだったかな?)でもたまに名前を見かけますが、仕事が遅くていまいち開発が進んでいないという話を聞きますね。

 

IoT Chainも内容は似ている気がしますね、ただあちらはDAGでしたね。

 

今後出てくるTaraxaもDAGを採用していましたね、IoTにはDAGのほうがあっているのでしょうか。

 

IOTA、IoT Chain、Taraxa、全部DAGです。

 

現状テレグラムでちゃんと質問に答えてくれないので質問できないのですが、これらの競合に対してなにか特別な優位性があるような感じはしませんね。

ロードマップ

2018 July SDK 開発キットデモ版

2018 OCT Complete P2P Net

2019 Q1 にメインネット完成っぽいですね。

 

ロードマップは普通だと思います。

宣伝・広告

テレグラム:4741人

Twitter:7855人

 

妙にツイッターの人数が多いですね。 エアドロ等の情報もないので実力なのでしょうか。

 

当分先なのでレーティングサイトにはまだ載っていません。

 

現状はGood HYPEなのではないでしょうか。

財務・ROI・ボーナス関連

トークン%:55%

ハードキャップ:不明

 

詳細は出ておりません。

 

チーム・アドバイザー・パートナーシップ

Linkedinを調べようとしましたが全部台湾語?中国語?よくわかりませんでしたw

 

メインチームにブロックチェーンの技術関連に詳しい人はいないみたいですね、CEO AryanはFOXCONN(電子機器の受託生産世界最大)で11年間仕事をしていたみたいです。

 

テクニカルチームに少しブロックチェーンに詳しい方がいるみたいですね、人数はそろっているので普通のチームだと思います。

 

アドバイザー

アドバイザーがVery Good

elastosとはパートナーシップを組んでいるようです、大きな強みといえると思います。

 

パートナーシップ

パートナーシップとしてelastosと正式に合意しているようです。

 

elastosのインフラを使用して構築するIoTのためのプラットフォームと書いてあります。

 

elastosのコンセンサスアルゴリズムについて今日Twitterでご指摘をいただいたのて調べました。

 

次の2〜3年で、Elastosエコシステムの構築は、純粋なPoWメカニズムからAUXPoW(40%)+ DPoS(40%)+ Foundation&Ecology(20%)のコンセンサスメカニズムの使用に移行します。

ELA NEWS記事

このような状況のようですので採用しているアルゴリズムがPoWというのは間違っておりませんでした。

 

インベスター

ioeX is funded with an investment from SoftBank as well as being one of the first projects funded with an investment from EOS VC.

「ioeXは、SoftBankからの投資と、EOS VCからの投資で資金提供された最初のプロジェクトの1つである。」

https://medium.com/elastos/elastos-partners-with-ioex-379982cf0249

この記述を見て日本のソフトバンクグループを想像してしまったのですが、間違っておりました。

 

ソフトバンクではなく別会社であるSBI e2 capitalのことのようで、香港のe2-Capitalのファイナンス部門の株式の過半を取得した会社の名前がSoftbank Investmentという会社のようです。

 

しかしこれも旧社名のようで現在はSBIインベストメントSBIHDの子会社のベンチャーキャピタルファンドのようです。

 

話がめちゃくちゃややこしいのですが、詳細が気になる方はこちらの記事を読んでみてください。

 

SBIホールディングスのベンチャーキャピタルの香港支社ぐらいの感じをイメージしたらいいのではないかと思います。

 

間違った表記をしていて申し訳ございませんでした。

 

今日のioeXの週刊ブログにもストラテジックパートナーシップとして紹介されていたので間違いないと思います。

 

 

ICO情報

ホワイトリストがホームページでレジスターの状態です。

 

参加できますので、希望の方はご登録を。

 

最新情報はICO予定表Twitterで行っております。

 

Miyapeeeeの個人的見解

総合評価 Norate

 

孫さんが投資しているのかと思って鼻息を荒くしていたのですが、SBI系列でも十分強いパートナーだと思います。

 

elastosのスペックについてあまり書いてあるサイトがなくて、ママコイナーさんのブログを参考にちょろっと勉強していきたいと思います。

 

この人のブログ滅茶苦茶好きなんですよ、内容とか見た目が滅茶苦茶Coolです。

 

InterValueの記事でも書いたのですが、ブロックチェーンのゴールとしては実世界にブロックチェーン技術を投入していくことです。

 

そこに着目しているioeXはGoodなプロジェクトだと思うので、メトリックスさえ良ければ積極的に投資を考えていきたいと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here