ホーム 小ネタ集 みやぴーの仮想通貨相場観:...

みやぴーの仮想通貨相場観:5月編

107

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

ブログを始めてから1か月が経過しました、最近は2日に1回くらいお礼のメールやコメントをいただいてブログ更新のモチベーションにつながっておりますm(__)m

 

こんなにたくさんの人に見ていただけるプロジェクトになるとはとても思っておりませんでした。

 

今日は僕の仮想通貨の相場観有力だと思うプロジェクトについてまとめていきたいと思います。

 

今日は個人的な意見が多いブログですので参考にはならないと思いますので、チラシの裏でも見る感覚でご覧くださいw

 

要するに全部持論です!

重要視すべき2つの柱

結論から言います。

 

①余力を十分に残して守備的な投資を心がける

 

②自分が良いと思ったプロジェクトに投資する

 

余力を十分に残して守備的な投資を心がける

現在は以前の仮想通貨相場よりも非常に冷え込んでいるという状況です。

 

仮想通貨のブログを運営してる身でこのようなことをいうのは心苦しいですが、普通に株とかインデックスやったほうが儲かりませんか?

 

実際に僕はFXのEAを仮想通貨のポジションと同じくらい動かしているのですが、毎月ちゃんと利益が出ていますし、ほかの投資信託のポジションも仮想通貨よりもローリスクで利益がしっかりと出ています。

 

現在の仮想通貨に投資しても税金の問題もあって去年のようなうま味は消失してしまっているといえるでしょう。

 

あと非常に気になるのが市場がまだまだ状況を楽観視しているということです。

 

よく聞きませんか? 今年の夏が過ぎれば上がる… 年末には上がる…

 

こういう声が多すぎます。

 

僕の10年ほどのちっぽけな相場観から言わしていただきますが、なぜかこういうときは上がらないw

 

そしていろいろなインフルエンサーの方が仮想通貨にこういう好材料があるから上がる、こういう悪材料があるから下がるという声をよく聞きますが、こういうのは実は関係ないw

 

相場っていうのは上がるときは上がるし、下がるときは下がる!

 

去年の相場がまさにそうだったような気がします。

 

要するに相場はわからない。

 

では何をするべきかというと余力を十分に残すということが大切ですね。

 

僕は仮想通貨で運用している金額は金融資産の10%程度です、今年中に20%から30%くらいまで引き上げる予定です。

 

これからブロックチェーンのソリューションはもっと広がっていきます。

 

その時に相場も好転する日が来ると思います。

 

良いプロジェクトに余裕をもって投資をしていく、これを心がけてポートフォリオを組んでいきたいと僕は考えています。

 

自分が良いと思ったプロジェクトに投資する

理想的な選択としては流行に乗ってお金を増やす短期的な投資有望プロジェクトへの長期投資を使い分けるというような投資法だと思います。

 

しかし、これは結構僕には難しいです。

 

今の日本の流行といえば取引所トークン系が人気でここへのDYORが非常に行き届いているような気がします。

 

ただ僕は取引所トークンを買うことがあまり好きではないです。

 

理由は簡単です。

 

取引所トークンはブロックチェーンの技術とは関係がないから。

 

ブロックチェーンプロジェクトLOVEな僕としてはこういう流行に便乗したくないんですよね。

 

持論をどんどん展開させます。

 

ビットコイン、リップルは買いません!

 

これも理由を言います。

 

おそらくブロックチェーンの技術が進んでいくとビットコインとリップルはブリッジ通貨としての役割しか果たさなくなるからです。

 

要するにフィアットからブロックチェーンへの投資をするための橋渡しをするだけの通貨。

 

こういう通貨の時価総額が増えないと結局ブロックチェーンの時価総額も上昇しないので買っとけばいいのですが、ブロックチェーンの本質的なメリットというのはこれらの通貨にはありません。

 

ではどのようなプロジェクトに投資をするべきなのでしょうか。

 

次の項目で書いていきたいと思います。

 

今後のICOで投資したいプロジェクト

ずばり私は以前の記事でも言ったようにプラットフォーム系のスケーラビリティプロジェクトに期待をしています。

 

現在でいうところのQuarkChainなどです。

 

これは上場後仕込む予定です。

 

他にはCeler(スケーラビリティオフチェーンプラットフォーム)に期待をしています。

 

スケーラビリティの向上は非常に重要なのですが、それだけにとどまらずに汎用性が高いプロジェクトに投資したいと思っています。

 

しかしこれはポートフォリオの位置づけとしては2番目です。

 

ここからが僕の特徴です。

 

僕がポートフォリオの一番上位に持ってこようと思っているプロジェクトはセキュリティ系のプロジェクトです。

 

セキュリティ系のプロジェクトはこれからブロックチェーンの技術が拡大するにつれて不可欠なものなのですが、スケーラビリティ系よりも地味な内容のせいかそこまでHYPEがえげつないことにならないような気がするからです。

 

具体的にはNucypher、Certik、Tenzorum、KEEP、Sentinelこの辺りは手堅い物件なのではないかなと思います。

 

他にはインフラ系、AI、IoTにも少し期待してます、ポートフォリオイメージとしては下記のような感じにしたいと考えています。

 

投資プランとポートフォリオを考えておかないとどうしてもインフルエンサーに流されてします。

 

そんな自分への戒めでもある記事ですね。

 

ちなみにこの考え方は割とすぐに変わります。

 

1週間後にはまた変わっているかもしれません、変化していかないとついていけない業界です。

 

明日から6月ですね、面白いプロジェクトがたくさんあります。

 

明日はBalinaプロジェクトかサンダートークンあたりを書いていこうかなと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here