ホーム ICO分析 NuCypher (ICO...

NuCypher (ICO)

236

NuCypher (ICO)

今日はNuCypherのICOについて書いていこうと思います。

 

ホームページ:NuCypher

 

はじめにこれがどのような役割を果たすのかというところからいきなり躓きました。

 

非常に高度なネット技術のようで内容を十分理解したうえで投資判断を行いたいと思います。

 

WHITE PAPER どのようなプロジェクトなのか

The NuCypher KMS leverages the power of proxy re-encryption to bring private data to public blockchains.

 

The NuCypher KMSはパブリックブロックチェーンにプライベートデータを送るプロキシ再暗号化の力として活用される。

 

これがテーマのようですが、すいません全然わかりません。

 

よくわからないのでとりあえずホワイトペーパーを読んでいきたいと思います。

 

Read to whitepaper

 

日本語訳

PDF1

PDF2

PDF3

PDF4

PDF5

PDF6

 

KMSというワードがキーワードです、KMSについてはこちらを参考にしてください。

 

はじめの文章が一番重要な部分だと思います。

 

NuCypher KMSは分散型鍵管理システムである。

 

これはプロキシの再構築を活用する分散型ネットワークによって暗号化及び暗号アクセスを提供します。

 

KMSについて理解が深まるとなんとなく言っていることがわかります。

 

要するにブロックチェーンの分散化の特性を生かし知られてはいけない鍵のセキュリティーを向上させようというシステムのようです。

 

 

内容が明確になりました。

 

しかしこれでもホワイトペーパー4ページ分くらいの内容でこの後高度に技術的なことが17ページくらいまで続いております。

 

NuCypher KMSトークン

このプロジェクトのトークンはマイナーへの報酬として支払われるみたいです。

 

このプロジェクトにおけるマイナーとは再暗号化ノードのことです。

 

NuCypher KMSを使用して暗号化を行うユーザーが増えれば増えるほどNuCypherトークンは配布されていくという考え方で間違いないと思います。

 

またマイナーズスマート契約というものが存在しており、マイナーは担保としてトークンをシステムに預けており、その数によって再暗号化の鍵の保有数が決まってくるみたいです。

 

再暗号化に失敗することやズルが見つかったら没収などがあるみたいです。

 

NuCypher KMS使用例

これはKMSを使用しているものはすべて当てはまりますね。

 

アプリケーション、出版物、個人間の機密データなど。

 

パートナーケーススタディ

 

NuCypher KMSのチーム・アドバイザー

 

特に注目する点はありませんでした。CEOはエンジニアで投資銀行マンだったみたいですね。

特にこちらも気になる点はありませんでした。

 

海外での評価・インフルエンサーなど

twitter:5096人

 

telegram:25698人

 

テレグラムの人数がAtonomiより多いのはちょっとびっくりしました。

 

ICOのレーティングサイトとかを見てもあまりまだ載ってませんね。

 

日本で最速でおくりびとの中村さんが取り上げていたので注目して分析してみましたが、よく見つけてきたなーと感心する物件ですねw

 

トークンセールについて

Presaleは2017年に終了済み。

 

身内ですかね?もうネットワークづくりのためにお金は全部使ったらしいです。

 

ICOについてはまだまだ未定みたいです。

 

 

 

 

 

 

メインネットは真夏(6月)にできるけどボトルネックはアメリカの法規制ですね的なことが書かれています。

 

やはりブロックチェーンへの規制が厳しいみたいですね。

 

…complicated. …複雑だ。

 

難航しそうな雰囲気もありますね…💦

 

Miyapeeeeの個人的評価

何か新しい情報が入ってきたら意見がころころ変わるかもしれませんが、今のところあまり買いたいとまでは思いませんね。

 

少しくらいなら買おうかな?という感じです。

 

KMS×ブロックチェーンというのは非常に相性がよさそうな組み合わせだと思いますが、商戦に勝っていけるのか疑問がつくのと、そこまでトークンの値上がりを期待できるのかという風に考えます。

 

ただ5年から10年というスパンで見ると面白い気がしますね。

 

続報を待ちたいと思います。

前の記事Atonomi (ICO)
次の記事QuarkChain (ICO)
Miyapeeee
日本のICO情報は詐欺であふれています。 自分でしっかりとプロジェクトの内容を調べて納得のいく投資をしたいという思いから立ち上げたブログです。 お堅い内容の記事が多いのですがTwitterとかで気楽に絡んでいただけるとありがたいです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here