ホーム ICO分析 Perlin (仮想通貨・...

Perlin (仮想通貨・ICO review)

314

ネクストオールスターと呼ばれているPerlinについて書いていこうと思います。

 

有望との声も多いのですがかなり癖がありそうで、おそらくみんな取扱いに困っている銘柄なんじゃないかなと思っています。

どのようなプロジェクトなのか

公式HP

 

Crypto Briefing review 記事和訳

 

実は公式サイトがステルスモードでほとんどの情報がディスクローズされていません。

 

それにもかかわらずどう見ても公式っぽいホワイトペーパーが出回ったり、トークン情報が出回ったりといわくつきの案件ですw

 

公式に近い情報でわかりやすいソースとしてCrypto Briefingの記事を参考にブログを作成しています。

 

内容としてはバズワード盛りだくさんという感じでdAppsの開発をサポートするためのDAGベースの大規模パラレルコンピューティングというイメージを持ちました。

 

下記にPerlinの強みに関して簡潔にまとめておきたいと思います。

 

PointAvalanche consensus

ハイスループット・スケーラビリティを実現するためのプロトコル。クラウドベースのプラットフォームに匹敵するほどの性能と言っています。

 

・Perlinのネットワークが増えれば増えるほど安価で分散化されたネットワークを構築できる。

 

AWS EC2(アマゾンの仮想サーバー)と同じようにコンピューティングタスクに必要なRAMとCPUのレベルを指定することができる。

 

内容としてはざっくりいうとこのような感じですが、実現がハードな部分もありますので詳細は競合で書いていきます。

 

分散コンピューティングとパラレルコンピューティングは厳密にいえば違うみたいですが、長文になるので割愛。 リンク

マーケットと競合

内容としてはDAGパラレルコンピューティングとありますが、ブロックチェーン市場においてけっこう苦戦しているマーケットがパラレルコンピューティングなんじゃないかなと思います。

 

最近ではDXchainなどがパラレルコンピューティング取り扱ってましたね。

 

競合Golem

いまだ製品化至らず。

 

hadronAI

AIを使うような仕組みで独特という印象、詳細は忘れました。

 

Hypernet

この中ではまだ評判がいいですが、チームのBC経験値が微妙との声もあり賛否両論。

 

Ankr

Good HYPEで有名ですが、実は開発状況がいまいちと聞いている案件です。

 

他にもDeepcloud AI、DXchain、Sonm、iEecなどがあります💦

 

私の個人的なセンサーではHypernetがこの中では優秀と聞いてはおりますが、競合が非常に多い割に全然開発の進んでいない分野でもあります。

 

市場としては強いという印象はなく、まずまずのマーケットだという印象です。

ロードマップ

未発表。

 

宣伝・広告

Twitter:2274人

テレグラム:27043人

 

 

えっこんなに増えてんのwww ステルスモードですよ!正気か?このHYPE!

 

僕が登録した時は2000人くらいだとおもったのですが、ほとんど情報配信しない状態でこれは末恐ろしいですね。

 

ただここが頂点の可能性もあります。

 

HYPEは一番予想しにくい分野ではありますが、Very Good HYPEですね。

財務・ROI・ボーナス関連

ここが一番の問題点です。

 

様々な掲示板で議論されている部分でもありますので、いくつかピックアップして転載しておきます。

 

CoinCrunch掲示板

 

Youtuber サファイヤ

 

とあるレビューサイト

 

それぞれ僕が信頼するソースなのですが、言ってることが全然バラバラですw

 

トークンメトリクスなどは全然わかりません、全体でいくらお金を集めたいのかなどは不明です。

 

perlinの受信用Etherアドレス(https://etherscan.io/address/0x746aAAc06B04c36F5fea9Bbb35CA75518eDA1ccA)です、現在のところ$20ML集めてますね。

 

これがPrivate round 2だけの数字かは不明です。

 

ただ現状でも$20MLしか集まってないのだとしたら上場後Pumpする可能性も十分考えられます。

 

この表だけを見たら不利なように見えますが、現状のラウンドでの参加を全否定するのは個人的には間違っていると思います。

 

実際海外の掲示板を見ていると3人に1人は参加に手を挙げているみたいですので、そこは個人の裁量次第なのかなと思います。

 

トークンメトリクスについてまた議論されています、お手上げ状態なので再度記事化しました。こちら

チーム・アドバイザー・パートナーシップ

かなり多くのVCが参加しております。

 

口止めされていないので、プライベートセール時に来た情報をそのまま流します。

参加ベンチャーキャピタル

 

かなり強いパートナーシップを確保していると思います。

 

メインチーム

・プロダクトマネージャー Dorjeeー非常に多くのブロックチェーンプロジェクトにアドバイザーとしてかかわっている人です。
職歴詳細

 

・CTO kenta Iwasaki…機械学習、分散化システム等の仕事をしていたみたいです。経験は豊富なようですが大きなプロジェクト経験はありません。

 

・ビジネスディベロッパー Mirza…ブロックチェーンのアドバイザー経験、その他投資・コンサル関係に精通しているみたいです。

 

チーム・インベスターともにVery Goodだと思います。

ICO情報

現在Private round 2です。

 

クラウドセールに関しては不明です。

 

最新情報はICO予定表Twitterで行っております。

 

Miyapeeeeの個人的見解

総合評価:Norated

 

非常に長くなってしまいましたw すいませんw

 

今後のHYPE次第という感じがしますが、どこまでこの熱量が持つのかという感じはします。

 

ただ個人的な印象としてはインフルエンサーから結構嫌われてそうな案件のような気がして、HYPEに持続性がないんじゃないかなという気がします。

 

あまりにロックアップ情報が出回り過ぎて黒いうわさがたっている案件なので、みんなさわりたがっていない印象ですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here