ホーム ICO分析 Phantasma Pro...

Phantasma Protocol (ICO)

276

Phantasma Protocol (ICO)

本日はICO ratingでも割と上位に名前を見かけるPhantasma Protocolについて書いていこうと思います。

 

Phantasma Protocol 公式HP

 

Whitepaper どのようなプロジェクトなのか?

Whitepaper 原文

 

PhantasmaはNeoブロックチェーンシステムを使用した新しいメッセージプラットフォームみたいです。

 

Phantasmaはブロックチェーンシステムをもとにしてemail、チャット、データ、ファイル送信、その他のメッセージデータベースシステムを実装することを可能にすると書いてあります。

 

PhantasmaからGmailやtelegramにメッセージやデータを送ることが可能になるというイメージでOKなのかなと思います。

 

PhantasmaのトークンはSOULトークンと呼ばれて、Phantasmaのネットワークを動かすために必要です。

 

Phantasmaのストレージスペースの確保にSOULトークンが必要みたいです。

 

消費者はデータのためにSOULトークンを支払う、プロデューサーや開発者はストレージやネットワークサービスのためにSOULトークンを支払うとWhitepaperの27ページに書いてあります。

 

Phantasma encourages a smart economy model, where access to data can be optionally paid with SOUL, from which a percentage is sent to the platform pool.

Phantasmaはデータにアクセスすると任意にSOULトークンが支払われる、そしてプラットフォームのプールに何%か支払われるスマートエコノミーモデルを奨励している。

 

そしてそのSOULトークンはPhantasmaネットワークの参加者に再分配される。

 

Phantasma Protocolの強み

既存のビジネスモデルであるメッセージ系プラットフォームにブロックチェーンを応用するというビジネスモデルは実現可能性が非常に高く想像しやすい点

 

ICOのゴールが10,000,000$に設定されていて、% for ICOが65%でROIの点で優れている点

 

Phantasma MailというappのデモンストレーションををNeo Cevconで発表している点

 

 

Phantasma Protocolの弱み

競合が多い点 既存競合は非常に多く、また新しく暗号通貨市場入りしそうなtelegramはほぼ最強の敵 (telegramの最近の記事)

 

公式ホームページのみの情報だがパートナー企業や有力なファンドの情報がなかったという点

 

トークンの使い道があまり有益とは思えない点

 

Phantasma Protocolのチーム・アドバイザー

NEOと言ったらCity of Zion、共同創始者にCity of Zionの開発者がいます。

 

アドバイザーが弱いと感じました。

 

横のつながりがそこまで多くなく、ブロックチェーン関連の仕事をしているのかというとそうでもない印象を受けました。

 

パートナーシップにプラスの影響があるとも思えませんでした。

 

海外の評価・インフルエンサー

高評価しているところは一つもありませんでした。

 

僕の見ていたサイトでは一番高評価だったので結構話題なのかと思ってましたw

 

ICO DropsではMEDIUM INTERESTという評価でした。

 

twitter:793人

telegram:5982人

 

話題としては小規模~中規模だと思います。

 

Phantasma Protocol  ICOについて

プレセール・プライベートセールは終了しています。

 

Whitepaperはいったん閉鎖しております。

 

第2回目のWhitepaper募集を来週行おうか検討中みたいです。

 

ICOは5月22日になります。

 

ICOの進捗状況などについてはこちらのリンクを参考にしてください、ツイッターでも順次つぶやきます。

 

Miyapeeeeの個人的評価

予想以上にレーティングサイトで上がっていなかったのとインフルエンサー系がしょぼかったので微妙だと思いました。

 

あとスマートエコノミーモデルとか言ってますが、簡単に言うと有料のtelegramじゃないの?という印象がぬぐえません。

 

しかしICO案件の規模の割に内容がしっかりしていて、ROIの面では期待ができる案件だと思いました。

 

telegramとかは200人のプライベート投資家から1.7billion$=1700億円を調達したみたいでもうICOはしないらしいです。

 

ただこの1700億円をtelegramが運用できるのかというと結構疑問符です。

 

こういうメッセージ系事業は収益化が非常に難しくtelegramも収益化を図るためにゲームを導入したりしていました。

 

ラインはラインスタンプやゲームの収益が非常に大きいらしいです。

 

ただyahooにはyahoo mail、googleにはgmail、nOSにはPhantasmaという感じで考えると20億程度の規模は十分に考えられるので、投資効率としてはいいかもしれません。

 

投資するか迷っていますが、少し買いたいような気もしますw

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here