ホーム ICO分析 ぶっちゃけ推してるICO&...

ぶっちゃけ推してるICO&購入済み案件

723

はいどうも! 孤高のICOのみやぴーです。

 

色々ICOの案件について分析してきましたが、個人的にこれいいなと思っているプロジェクトを書いていきたいと思います。

 

押し案件

Aergo

メリット

気が付いた時にはすでにアロケーションが終わっていました。FOMOwww

 

セールスが0.02$の一回のみだと思うのですが、すでにリセール価格は3倍近いと聞いております。

 

デメリット

アイデア段階のプロジェクト、ベータ版が出る予定。

 

Blockcloud

メリット

こんなにやる気の経営陣は他には知らないw

 

胡散臭いインフルエンサーやVCsが入っていないのでとてもクリーン。

 

デメリット

IoTというセクターがICOのジャンル全体で見るとやや弱く、開発も相対的に遅い。

 

Hypernet

メリット

表には出ていませんがある有力VC激押し案件←胡散臭い書き方ですねw まあいいやw そのうち発表されると思いますw

 

デモもしっかり発表していていて製品開発早い。

 

デメリット

チームがオールスターとは思えない。

 

HYPEはオールスターではない。

 

 

※個人的に明確に押しているのはこの3案件。

 

Blockcloud・Hypernetに関しては懇意にしていただいているベンチャーキャピタルに頼み込んで、プライベート枠をいただいて購入しました。

 

よくわからんけど良さそう

CertiK

メリット

これもセールス見逃してしまった案件w あのクイズ大会はエアドロだったのだろうか…?

 

ただ製品は良いと聞いていますし、パートナーのマーケティングも非常にしっかりしています。

 

伊達に大量のVCsを入れていないという感じはしますね。

 

デメリット

本当にHYPEがあるのかよくわからない。

 

 

※買えると思ったのに買えなかった案件。セールスがステルスすぎてもうよくわからん、あのクイズ大会は結局どうなったの?💦

 

NEX

メリット

HYPEがオールスター。

 

デメリット

間延びしすぎていてもう忘れていた案件w

 

 

※宝くじ外れてから特に興味がないw

 

いいと思ったのに評価を下げた案件

Ankr

トークンメトリクスがクラウドセールス組にはかなり厳しい条件

 

Chromaway

そこまでナーバスになる必要はないと思うのですが、かなりBalina & Ben FUDが厳しい。

 

MultiVAC

プールで売られ過ぎ感

 

※Chromawayは仲の良い海外インフルエンサーからアロケーション分けてもらって少しだけ購入済。

2 コメント

  1. CertiKのクイズ大会はアロケーションに関するポイントを獲得するイベントだったようです。
    その後のアートワーク大会も同様だと思われます。

    • じゃあ普通にアロケーションあるんですね、結構狭き門っぽいですがやる価値はありそうですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here