ホーム ICO分析 Thunder Token...

Thunder Token (仮想通貨・No ICO)

145

今日はThunder Tokenというプロジェクト(以下PJ)が盛り上がっているみたいだから書いていくよ。

 

ただYouTuberのサファイヤっていう人が電話でThunderに問い合わせたら、No ICOと言われたらしくてICOはしないという情報が入っています。

 

プライベートセールで十分なお金が集まっているらしく、余分なお金を集めようとは思っていないそうです。

 

ICOしか興味ない人は、そっ閉じでいいかと💦

 

僕はブロックチェーンの発展に興味ある人なので、わからないなりに調べていきたいと思います。

プロジェクト概要

ホワイトペーパー 原文

 

イントロダクションの時点で内容が難しすぎて挫折しましたw

 

よってこのプロジェクトというか仮想通貨界最強の女性Elaine Shiさんが壇上で話している内容とホームページから内容を抜粋してPJのイメージだけでもつかんでいきたいと思います。

 

このYouTubeの動画が一番わかりやすいかなと思います。

 

Thunder Tokenのプロジェクトを一言でまとめるなら超ビットコインです。

 

Thunder Tokenの特徴としては現状のブロックチェーンの1000×速度のTPSを出すことができ、1秒未満のコンファメーション時間を成し遂げることができるというPJになります。

 

またHP上で互換性にも触れられており、ETHのスマートコンストラクトを完全にサポートしており、DappsをThunderに移行しすぐにパフォーマンスを向上させることが可能と書いてあります。

 

申し訳ないんですがめちゃくちゃよくあるプロジェクトですね。

 

僕の押しているハイスケーラビリティプラットフォーム系ですね。

 

内容が掘り下げていくと非常に難しそうなのですが、メインとして書かれているのは標準的なブロックチェーン”slow-chain”上に”fast-path”を付け加えます。

 

通常運転ではトランザクションは”fast-path”で高速処理され問題が発生した時は”slow-chain”で処理されるという仕組みになっているようです。

 

コンセンサスプロトコルは動画の11:00くらい~説明されていますが、内容が難しくてもう少しほかの方の解説が出てから勉強していきたいともいます。

 

マーケットと競合

まずなぜこんなにハイスケーラビリティPJが科学者たちによって追及されているかという点について解説していきたいと思います。

 

前までははっきりとわからなかったのですが、この講義を聞いて目標としている未来が見えてきました。

 

Elaine Shiさんもラージスケールコンセンサスプロトコルは“夢”であると語っています

 

ハイスケーラビリティPJの目標はブロックチェーンの分散型台帳という特性を社会の様々な分野で汎用的に使用できるものにすることです。

 

ハイスケーラビリティPJは今非常に多く出てきているのですが、その中でも代表格であるHyperledgerをElaine Shiさんが競合として挙げておられました。

 

Hyperledgerとの違いとしてShiさんが言っていたのは“使用している根底にあるプロトコルの限界を再調整したり改善したりするのにフォーカスがあたっていない”という風に語っていたと記事で書かれていました。

 

ただHyperledgerには世界中の名だたる企業が名を連ねていてオープンソースも公開されております。

 

そのため世界中のエンジニアが無料で活用したり、改善することも可能になっているようなPJでライバルとしては非常に巨大な気がします。

 

ロードマップ

なし、テストネットが2018/6 今月公開予定

 

宣伝・広告

Twitter:2433人

 

テレグラムがないのでどれくらいのHYPEがあるのかわかりづらいのですが、レーティングサイトにも掲載されていないのであまりHYPEはないのではないかと思っています。

 

財務・ROI・ボーナス関連

未公開です。

 

チーム・アドバイザー・パートナーシップ

ブロックチェーン界の2大巨頭の一角Elaine Shiさんがいます(あっ僕が勝手に言ってるだけですw)

 

このElaine Shiさんブロックチェーンファンはみんな大好きな人で、ビットコインと分散型スマートコントラクトの最初の学術研究論文を書いた人で、世界で初めてスマートコントラクトのプログラミングを教えた伝説の科学者です。

 

アドバイザー・パートナー等はいませんが、非常にレベルの高い人材がそろっています。

 

ただ4人しかいないチームで世界の強豪とどこまで戦っていけるのかという疑問は残りますね。

ICO情報

No ICOと言われています。

 

最新情報はICO予定表Twitterで行っております。

 

Miyapeeeeの個人的見解

総合評価 No rate

 

まあぶっちゃけた話Elaineファンは買え!という感じのプロジェクトという感じがしますね。

 

僕も好きなので買いたいプロジェクトなのですが、やはりHyperledgerなどのエンタープライズ相手に個々のハイスケーラビリティICOがどこまで戦っていけるのかというのは未知数な部分でもありますね。

 

昨日のみやぴーの仮想通貨相場観:5月編でも期待している分野とは言ったものの技術競争が激しく、いいプロジェクトを見つける眼力も相当試される分野なので、僕レベルで優位性があるとは思えないですw

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here