ホーム ICO分析 Uchain (仮想通貨・...

Uchain (仮想通貨・ICO情報)

274

今日はUchainという7月に実施されるICOについて書いていきたいと思います。

 

非常にバックがしっかりしているICOなので人気にはなると思いますが、少し気になる点もあります。

 

ICO Dropsにも最近掲載されました。

プロジェクト概要

Uchain 公式HP

 

ホワイトペーパー原文

 

ホワイトペーパー和訳 トークンエコノミーまで

 

Uchainはシェアリングエコノミーのネットワークを支えるブロックチェーン事業です

 

シェリングエコノミは一番わかりやすいところでいうと、カーシェアなどの分野があると思います、一つの財産物を多くの人でシェアする産業のことを言います。

 

最近はワークスペースをシェアするようなweworkというようなシェアリングエコノミーなどもうまくいっており、あわせて8種類のシェアリングエコノミーの体系があるといわれています。

 

さてこのシェアリングエコノミーですが現在は企業が提供するプラットフォームを通じてマッチングがされておりますが、この仲介業者を通じての管理ではいくつかの問題が引き起こされます。

 

①過度の取引コスト ②信用の問題 ③ユーザーデータの悪用

 

このような問題を解決するためにUchainのプラットフォームは提供されます。

 

このUchainのブロックチェーンに基づくプラットフォームを利用することにより、ユーザーとプロバイダー間の取引コストを20%近く削減することが可能になり、また完全に分散化されたネットワーク内の元帳に記録されることによってデータの改ざん、破壊等を不可能にすることができます。

 

マーケットと競合

競合として明確に挙げられるのが最近ICOをしていたOriginProtocolです、事業内容としては完全にかぶっているといっても過言ではないでしょう。

 

比較検討は僕のイメージです。

 

・OriginProtocolよりも優れていると思う点

 

コンセンサスアルゴリズムにPPCA(Rippleのアルゴ)を導入しているのでOriginよりも早いトランザクションを期待できる点

 

・OroginProtocolよりも劣っていると思う点

 

実際に動き出しているプロジェクトが自分の会社であるU-bicycleのみで、スケールの小ささを感じるという点

 

市場規模としてはどんどん拡大している分野なので期待できると思います、次世代の2P2のネットワーク事業として期待できる分野だと思います。

 

ロードマップ

2018年 Q4メインネット Q2~Q4 UChainのパートナー・紹介・キャンペーンを行う

2019年 Q1 U-bicycle dAppsローンチ

2019年+  P2Pプラットフォームとして完成 様々な企業がUChainエコシステムを使用する

 

特に気になる点はありません、良いという評価でいいと思います。

 

宣伝・広告

テレグラム:9,783人

Twitter:595人

 

再来月のICOにもかかわらずかなりの人数だと思います、レーティングサイトではまだ評価が上がっておりませんが高い評価が付くものと思われます。

 

財務・ROI・ボーナス関連

トークン%:40%

トークンハードキャップ:$29.9M

 

全体としては$75Mくらいの事業のようです、ちょっと$30Mを集めるほどの影響力があるのかはやや疑問です少しだけマイナスします。

 

さらにマイナスポイントがあります。

 

 

ストラテジックパートナーだけに50%のボーナスがついていて、それのうち50%のみにしか6か月のロックアップがついていないということです、残り50%に関しては明記されていないので上々直後に売ることも可能なのではないでしょうか?

 

ハードキャップの約52%なのでかなりの量です。

 

上場直後にダンプしても不思議ではない量だと思います。

 

ちょっとICOも苛酷になりそうなだけにICOで参加するうまみがあるのか疑問が残りました。

 

チーム・アドバイザー・パートナーシップ

今回ブロックチェーンを導入しようと思っている、企業のU-bicycleのCEOです。

U-bicycleはシェアバイク、シェアカー、シェアパーキング等を展開しているグループのようで、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジア、中国などでビジネスを展開している会社のようです。

ecommerce事業にも明るいようで適任といえると思います。

 

 

 

 

他にもMicrosoftでの長い社歴がある方や、IBM、パナソニック出身者もいて、メインチームとしてはGoodだと思います。

 

アドバイザー

APEX Network、Red pulse CEO ブロックチェーン導入に明るい人事が豊富だと思います。

 

インベスター

有名どころがいませんね。僕の知識がないだけかもしれませが、有名なVCはいないのではないでしょうか。

 

パートーナー企業

アリババグループの決済会社Alipay、中国の携帯キャリア Chinaunicomなどが名前を連ねているので、中国市場での影響力が非常に大きそうな気がしますね。

 

パートナーは非常にGoodなので、セールスが伸びる可能性は十分に感じますね。

 

ICO情報

6/10:ホワイトリスト開始

6/20:プレセール開始

6/23:プレセール終了

7/10:クラウドセール開始

 

Miyapeeeeの個人的見解

総合評価 22/40 midium

 

ちょっとROI、プライベートボーナスがレッドフラグです。

 

チーム力が強くてパートナーシップを引っ張ってこれそうなので伸びるとは思いますが、ICOで買うのにはうま味が皆無なのではないでしょうか。

 

だって自分が買う半額で52%がプライベートセールで買ってるんですよ!

 

しかも50%はいつでも売ってもOKというのは、あほらしくてやってられないというのが僕の意見ですw

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here